ミニマリストになる

断捨離停滞中。執着を捨てられないアラフォーがもがいています

数年前におおがかりな断捨離を経て、昨年末くらいまでは、減らすことを頑張っていました。

しかし今年に入ってから、モノが徐々にまた増えています。

ミニマリストどころかシンプルライフも遠ざかっていくー。

断捨離が停滞している理由

考えられる理由は

1.少し捨てたくらいでは、前ほどの変化が感じられない。

2.今残っているものは、未練があるものが多い。

 

1.の変化が感じられない

はじめの断捨離は、使っていなかったものを中心にガンガン捨て、捨てる度にスッキリしていた実感がありました。

家具や使ってない布団など大きい物を捨てていたので、空きスペースが広がっていく快感と、1日何個と決めて捨てている時期も、達成感がありました。

最近の捨てているものと言ったら、小さい物ばかりで「捨てた感」がないんです。

 

2.未練があるモノ

使ってないし、使う予定もないんだけど・・・「高かった」「レア」「手に入れるのに苦労した」など、ちょっと惜しくなってしまうものばかりで。

うちの猫の話ですが、新しいおもちゃには飛びついて遊ぶものの、数時間後には「もういらね」と言わんばかりの放置。

おもちゃ箱に片付けておいて、数日後、まったく遊ばないので捨てようとすると「今、遊ぼうと思ってたのっ」と、急に執着を見せる。

わたし、猫とまったく一緒です。

もう断捨離しなくていいのでは?

もう減らす必要ないんじゃ?これがわたしの適正量なのでは?と思うこともありましたが、、、。

いや、まだまだ多いんです。管理できてないし、使っていないものがまだまだある。

残っているものは執着が強いものが多いんですよ。

執着心の起こる原因は未来に対する心配とか不安です。

「これ捨てちゃったら、後で後悔する」「急に必要な時が来るのでは?」

これって、わたしが今ひどく感じている「老後に対する強い不安」につながっているのでは?

と、気づいてしまったんです、、、。

そう考えるとやっぱり、わたしにはまだまだ断捨離する必要があるわけです。

執着を捨てるために今後やっていくこと

〇1日1個捨てる

劇的な変化を求めるのではなく「モノを増やさない」と思う気持ちを継続させるための行為として捨てる。
どんな小さなものでも、紙くずでも1個とする。(これで毎日捨てられる)

〇使ってないものをまとめてみる

捨てるか捨てないかの選択は置いといて、考え中の場所に置いておく。
使わないなら捨てると決めると、余計に執着心が強くなってしまうので。捨てる前の心の保険の様な感じ。

 

「執着を捨てる」ってなんだか修行みたいでかっこいい言葉だなー。

これからは、こんな感じで「ゆるく」モノを減らしていこうと思います。

ランキングに参加しています‼ 応援していただけると励みになります‼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


ブログ村テーマ

ミニマリストになりたい

40代からの似合う服と小物の選び方

少数精鋭で着回すコーディネート

ミニマリストの持ち物