ダメ人間脱出

毎日の献立を考えるのがメンドクサイ。食材をいつも腐らせてしまう。

家事の中でも料理は好きな方ですが、ときどき?たびたび、どうしようもなく作りたくない時があります。

以前、家事をやる時間が決まっておらず、思い付きでやっているとお話ししましたが、食事作りも行き当たりばったり。

日曜日に適当にまとめ買いし、1週間それでやりくりします。

これだけ聞いてると、料理上手な雰囲気出してますが、買い物の際にメニューを考えていないため、ほぼ創作料理。

そのため、日によって料理の出来にムラがあります(-_-;)

そして、1週間たってもどこにも生かせなかった食材たちが、次の週へと持ち越され、そのうち食べられなくなって捨ててしまう、、、。

こういうことが度々繰り返されていて、「なんとかならんかなー?」とずっと思っていました。

特にショウガはほぼ毎回「化石」、、、

食材を余らせてしまう原因は?

今まで次の2つを言い訳に、なんの対策もしませんでした。

  1. 割引品を狙って買っている
  2. 頂き物が多く、料理計画しにくい

1.見切り品

いつも行くスーパが、日曜の20時を過ぎるとお肉が半額に!

国産豚のロースも、国産牛のサーロインも半額になるときがあります。

それを狙っている人が多く(意外とおじさんが多い)、その日によってゲットできるお肉がバラバラです。

この半額のおかげで、良い肉をたらふく食べられてると信じていますが、他の無駄にしている食材を考えると本当の費用対効果は、、、。

2.頂き物が多い

これは田舎特有のモノでしょう。一番のネック。

実家の両親も家庭菜園で野菜を作っています。

じゃんじゃん運んできます。

親も野菜が出来すぎて困るかもしれませんが、うちは「中年二人暮らし」。食べられる量は決まっています。

そしてさらに近所の人、お客さん、「親が野菜作っている」と言ってもお構いなしです。

何度も言いますが、二人暮らしなんだけど、、、。

でも、ありがたく受け取る

わたしは「あげる」って言っているものは、欲しくなくても受け取るようにしています。

お店の景品とかとりあえずついてくるようなもの以外は。

理由は、もし自分が誰かに何かをあげることになって、「いらない」と言われたら悲しいから。

and-cherries-1532124_1280

 

野菜以外にも、おかず、おこわ、だんご、果物、漬物、温泉土産、お守り、手作りコースター、折り紙のでっかい鶴、、、などいろんな種類のモノを頂きます。

季節ものが多いため、重なることも度々。

断捨離をするようになってからは、自分が人にモノをあげることにとても慎重になりました。

やっと浸透してきた2人暮らし

田舎の高齢者は「あげるなら量は多いほうがいい」と思っている方が多いです。

少しだけあげるのは恥ずかしいと思っている。

でも少しづつ、近所の人やお客さんには世間話のなかでやんわりと、親には強めに「2人暮らしはそんなに食べられない」と言うことを伝えてきました。

だんだん「2人だとこのくらい?」と聞いてくれるようになってきました。助かります。

お構いなしの人もいますが、、、去年はわたしの足くらいの太さの立派な大根が20本、玄関にドーンと置かれてました。

「うち地蔵様か?」

これ以外の言葉は見つかりませんでした(笑)

献立を考える!

頂き物の傾向や量もだんだんとつかめてきたので、そろそろ食材を無駄にしないようにしたい(遅い)

食事作りをもっとシンプルにして、充実させたい!と最近すごく思うのです。

そのためには、やっぱり献立を考えるのが1番。問題は献立の立て方

うーん、とりあえず「鶏のから揚げは絶対!」ってことしか思い浮かばない。。。

これからクックパッドで勉強だな。

ランキングに参加しています‼ 応援していただけると励みになります‼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


ブログ村テーマ

ミニマリストになりたい

40代からの似合う服と小物の選び方

少数精鋭で着回すコーディネート

ミニマリストの持ち物