ミニマルファッション

デニムの似合わない40代女。執着を手放してデニム断捨離。

数年前から、はくたびにがっかりしていたデニム。

ジーパンとはもう言わないのかな?

 

1年、いやもっとかな。似合わなくなったことを認められず。。。

ことあるごとに、タイトなジーンズにねじ込んで、無言で脱ぐを繰り返し、、、。

 

ずっと手放せませんでしたが、ようやく、先日からの本気の断捨離で捨てる決意が。

 

そんな、めちゃくちゃあった執着を捨てることができたのは、

  • もともとそんなに似合わなかった。
  • 他に似合うものがある。

と思えたから。

 

デニムが似合わない自分を許せない!ってなってる方の参考になればうれしいです。

似合わないなーと思った理由

 

  1. 骨格的に似合わない
  2. カジュアルが強い

 

体型の崩れはもちろんあるけれど、それ以外にも似合わない理由が。

年齢のせいだけじゃないのよー。

①骨格

自己診断ですが骨格ウェーブ。

腰の位置が低く、上半身うっすい。

 

ウェーブ体型にデニムは難しいといわれてます。

スキニータイプならOKとありますが、やっぱり骨格ナチュラルさんがデニムはいた時のかっこよさは、ウェーブ体型では比にならないと思う。

 

若い時は大丈夫だった服が、40くらいから骨格の影響が大きいことがわかりました。

 

それぞれの体型の得意不得意があることを知って、

無理して似合わないものを着るのはやめよう。

と思いました。

カジュアルが強い

全身カジュアルでも20代の頃はよかった。

でも、年齢とともに似合わなくなるのはわたしだけじゃないはず。

40代からは、カジュアルの加減がのおしゃれの肝になると思っています。

 

デニムってカジュアルの代表選手。

デニムはいたら面積半分カジュアル。

 

さっきの骨格診断の続きになりますが、ウェーブ体型って固い生地が似合わない。

自然素材のザラっとした感じもダメ。

もう、まるでダメじゃんねー。

自分に似合うものを

雑誌で目に留まるコーデはだいたいデニムコーデ。

デニムの似合う女性になりたかった。。。

 

でも、デニムをはいているからオシャレなんじゃなく、

似合う人が着てるからオシャレなんだ。

と、よーくわかりました。

 

 

わたしには、普通の黒いパンツの方がしっくりくる。

チノパンの方がまぁまぁ似合う。

プリーツスカートが似合うはず。

 

執着を手放して、自分に似合うものを探していきたいです。

 

ランキングに参加しています‼ 応援していただけると励みになります‼
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村


ブログ村テーマ

ミニマリストになりたい

40代からの似合う服と小物の選び方

少数精鋭で着回すコーディネート

ミニマリストの持ち物