爪とぎ対策の理想と現実【猫多頭飼い】もう遅い

猫5匹と暮らすBBAもん子です。

猫を飼うと困るのが「爪とぎ」ですよね。

我が家はもうボロボロ。


最初こそ気を遣って注意したりしてましたが「もう(どうでも)いい、あきらめたw」


5匹もいると仕方ないかなーと思ってます(笑)


一応、うちの猫構成を紹介します。

先住猫オス7才と4兄妹猫(オス2、メス2)3才の5匹。

先住猫は4年間一人っ子というのもあり、おとなしく繊細。猫より人間が好き。

後から来た4兄妹は、先住猫が好き。傍若無人。

猫の爪とぎにも好みがある

先住猫は「猫の飼い方本」に買いてある通り、爪とぎで子猫時代から練習。

練習の甲斐あって、爪とぎダンボール以外で爪をとぐことはほとんどない優等生。

子猫時代は噛み癖がひどく大変でしたが。。。



4兄妹も子猫時代に練習したんですけどね、、、あちこち、爪が引っかかる場所ならどこでもガリガリ。。。

特に座椅子の素材が気に入っているのか、3年でこんなになりました。



壁紙の被害はそうでもないんですけど、2箇所気に入ってるらしい場所があるんです。

保護シートを最初にすれば良かったなーと思いますが、今からでもした方がいいかな?



ちゃんと教えた通りに爪とぎ段ボールでしかしない子と、どこでも爪さえかかればガリガリする子。

様々。



ミニマリストを目指した初めの頃は、おしゃれブロガーさんを参考に、

「わたしもこんなおしゃれに暮らしたい!生活感のない部屋にしたい!!」

と夢見てましたが、今は。。。


巨大ケージ、キャットウォーク、飛び出し防止扉、砂ガードなどなど、猫のためのものが家の中に年々増える。

もともとセンスがないので、インテリアとか諦めた(笑)


今は、猫の安全とわたしの老後のために、ミニマリスト目指して頑張ってます。


ランキングに参加しています!

うちの猫をクリックしていただけると
励みになります!!
にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村